GCMセラミック瓦のトップメーカー TEL:0889-42-2405
FAX:0889-42-2460
E-mail:office@tamtec.jp
株式会社タムテック
  トップページ >> 瓦の学校 >> 瓦の歴史
  >> 1時間目:歴史
        瓦の歴史
 
  >> 2時間目:理科
        瓦の特徴
 
  >> 3時間目:特別授業
        瓦の工場見学
 
  >> 4時間目:家庭科
        瓦のリフォームポイント
 
  >> 5時間目:道徳
        悪徳業者に注意
 

 2時間目へ
瓦とは…

瓦は、防水性・耐火性・耐寒性・通気性・断熱性・遮音性・耐久性に優れ、何百年の風雪にも耐えられる屋根材です。今でも瓦葺きの屋根は、沢山見かけることが出来ます。
瓦の歴史

現在わかっている瓦の起源は、2500年前春秋・戦国時代の中国まで遡ることが出来ます。
かまどの周囲の土が燃焼して、硬くなっていることを発見した古代の人々は、住居の壁や床といった強度が必要な部分に粘土を塗り、直接火で燃やし焼き固めていました。
日本に瓦が伝来したのは1400年以上前、飛鳥時代の始まる少し前の西暦588年に、仏教建築と共に4人の瓦博士が渡来したという記録が日本書紀にあります。 この時代の瓦は本葺き(ほんぶき)型といいますが、その後1674年に三井寺の西村半兵衛という人が現在の瓦の元となる桟瓦を、10年の歳月を費やして発明したと言われています。

身分制度の厳しかった時代、庶民の家屋の屋根に瓦を葺くことは許されていなかった為、城や寺院など、限られた建造物にのみ使われていました。広く一般家庭に普及したのは、江戸時代の末期だと思われます。
そこから日本の気候風土に合うように千数百年の時を経て、現在の和瓦という、日本独特のものとなりました。
瓦の種類

陶器瓦には和型瓦と洋瓦があります。和型の中でも和型瓦と本瓦の2種類あり、現在は和型瓦葺が主流で、本瓦葺工法は一部の寺でしか見ることが出来ません。
洋瓦には平板瓦とS型瓦があり、平板瓦は若い人にも受けが良く、工期も短く済み、スレート瓦に比べ耐久性・断熱性共に優れることから、現在の都市部でもかなり見かけるようになりました。
採用情報 | プライバシーポリシー | リンク集 | サイトマップ
株式会社タムテック